女性目線の家づくりサポートを

住まいの設計は、家と接点が多い女性も積極的に参加したいものです。
しかし説明がわかりにくかったり、男性の設計士さんになかなか上手く自分の要望を伝えられなかったり…。
もちろん設計士さんも施主さんの要望を最大限汲み取ろうとしています。
しかし、その家の人達がどのような生活をしているのか、どんな使い方をするのかまでは想像するのはなかなか難しいものです。
そして、それを上手に設計士さんに伝えることもとても難しい。

家はとても高い買い物です。
長年使い続けるものですから、ら「ああ、ここはもう少しこうしていれば良かったな…」という後悔はなるべく少なくしたいですよね。
それには、あなたが本当にもとめているものが何かをしっかり知る必要があります。
また、それをどれだけきちんと伝えられるかが大きなポイントになってきます。

女性ならではの視点で、動線や収納をチェックし、あなたが本当に使いやすい家をプランニングすることが出来ます。
そして、それを設計士さんへ、現場の方へ、きちんと伝えるお手伝いが出来ます。
あなたが10年20年住み続けて気持ちのよい住まいを一緒につくりませんか。